格安SIMでお得にスマートフォンを持つ

格安SIMでお得にスマートフォンを持つ

バナー

格安SIMでお得にスマートフォンを持つ

リーズナブルにスマートフォンを持てるとして注目を集めているのが格安SIMです。

SIMカード自体は従来のキャリア契約の場合ならそれほど意識する必要がない存在でしたが、格安SIMを利用する場合は理解を深めておくことが大切です。


はじめにSIMカードの役割についてですが、このカードには契約者情報が記録されており、端末に差し込むことによって通信ができるようになります。

もし端末を替えたい時にはSIMカードを新しい端末へと挿入することで使用することが可能です。



サイズには種類があり、標準タイプ・microタイプ・nanoタイプの3種類です。



大きさが異なる場合は利用することができませんので注意が必要と言えます。

したがって端末を替える時には適合するサイズなのかよく確認した方が良いでしょう。



しかしながら、もしサイズが違っている場合でも、専用のカッターで小さくカットをしたり、あるいは専用変換アダプターを使ってサイズを大きくするといった対策は可能です。

使用したい端末のSIMロックについても注意した方が良いでしょう。
格安SIMで利用できることが前提の端末の場合ですと、カードサイズを心配するだけで良い場合が多いですが、大手キャリアで購入する端末の場合はSIMロックと呼ばれる制限がされていることがあるのです。

もしロックがされている場合は解除手続きをしないと利用することができません。

しかし解除手続きをやることで問題なく使えるようになりますから、例えば余らせている端末を再利用するといったことも可能です。

なお、以前はSIMロックを解除することはできない状況にありました。そのため通信会社を替えたい時には新しい端末も購入しなけばいけませんでした。


しかし2015年5月に、大手キャリアに対して解除を義務化するように総務省から通達が入り、それによってユーザーは自由度の高い使い方ができるようになったのです。
実際に格安SIMを利用するための方法ですが、まずは通信会社との契約をしなければいけません。

その際にはいわゆるMVNO会社を利用することになります。


これは大手キャリアから通信設備を借りて運営を行っている会社のことで、安価にサービスを提供しているのが特徴です。

ちなみにSIMカードには種類があります。データ通信専用カードと音声通話カードですが、前者ですと音声通話ができません。


電話機能も必要な場合は後者を選ぶ必要があるため、契約の段階で間違わないようにした方が良いでしょう。
契約が完了すればSIMカードを手に入れることができますが、ただ、端末に挿入しただけでは利用することはできません。

使えるようにするためには簡単な設定をする必要があります。

大手キャリアの場合ですと店頭サポートを受けることができる一方、MVNO会社ですと対面でのサポートが受けられない場合があるため注意が必要です。そもそもの店舗がないところもありますので、設定に不慣れな場合は気を付けた方が良いでしょう。

Copyright (C) 2017 格安SIMでお得にスマートフォンを持つ All Rights Reserved.