SIMを購入するときの手順を知ろう

バナー

SIMを購入するときの手順を知ろう

格安スマートフォンの定義としていろいろあります。

そのひとつになるのが、安い料金でスマートフォンを購入することができることです。

しかしそれだけでは物足りません。

もっと求めるべきことがあります。

格安スマートフォンの本来持っておくべき定義としてあるのが安く携帯電話を利用することができることです。キャリアの高い利用料金に頭を悩まされている方もいるでしょうが、そのようなことが一切なくなります。

格安スマートフォンの定義として知っておきましょう。
そんなときによく聞かれる言葉がSIMです。
これはICチップと同じで、利用者の情報が書き込まれており、使うことによってキャリアに情報が提供され、それをもとに請求書が送られるシステムになっています。

要するにどの携帯電話にも必ず挿入されているカードになるのがSIMです。

かたちとしてはいろいろあり、端末に合ったものを求めなければいけませんが、キャリアで携帯電話の購入から回線の手続きを行う場合は、そのような心配をする必要がありません。しかしキャリアに不満を持っており、安く利用できる事業者であるMVNOに乗り換えをするのであれば、すべて自分で行う必要があります。

だからこそ手順を知っておきましょう。
購入方法から始めてください。

一部は店舗を構えていることもありますが、ほとんどがネットを介してSIMを購入することになります。
格安スマートフォンも同じになりますので、好きなところを選んでください。

ただし端末によってSIMロックが掛かっていることがありますので、そこは注意しておきましょう。

今までキャリアをドコモで使っている人であれば、ほとんどのMVNOが提供するSIMがドコモの回線を使っていますので、問題は起きることが少ないです。

ただしドコモ以外となると、ロック解除が必要になるケースがあります。そのときは格安のスマートフォンでSIMフリーの製品を購入することで解決ができます。



自宅に郵送で届けられることになりますので、自分でセッティングをしなければいけません。


端末にSIMカードを差し込みます。



端末によって難しいこともありますが、その説明書を見れば誰でもできます。

カードを差し込んだら、回線を確保しなければいけません。アクセスポイントの設定が必要になります。
端末によって設定が変わっていますが、SIMのなかにも説明書があり、またカスタマーセンターもあることからわからないときは素直に頼ってみましょう。


そんなに難しいことではありませんので、ほとんど問題なく利用することができます。

SIMロックが端末に掛かっていないことは必ず確認しておきましょう。利用に合わせたSIMカードの購入も必要です。
格安にするための大きな分水嶺になるポイントですので、キャリアで利用していた時の明細などを参考にして、自分に合ったSIMを求めてください。



基本は容量が少なくなれば、それだけ利用料金が安くなるシステムです。

Copyright (C) 2017 SIMを購入するときの手順を知ろう All Rights Reserved.