コースでSIMを選ぶようにしよう

バナー

コースでSIMを選ぶようにしよう

キャリアの料金が高いと感じているのであれば、そんなときこそSIMに興味を抱くことによって不満が満足に変わる瞬間を味わえる可能性があります。


ただし変えるだけで安くなると考えないでください。
確かにいま利用しているキャリアよりも利用料金が安くなるのはほぼ確実ですが、さらに追及をすることによってもっと安くすることも可能です。

人によってはキャリアの時に支払っていた金額よりも、3分の1程度に抑えることができたという人もいるくらいですので、どうせ切り替えるのであれば安さを徹底して求めることをおすすめします。そんなときに必要なのが、SIMの種類です。


おおきくわけると3つに分類することができます。

ひとつは通信だけを行うSIMになります。
ネットをみたり、無料通話アプリを使って会話をすることが多い人もいるでしょう。



ほとんどの無料通話アプリには通話機能がついていますので、データ通信だけで会話をすることができます。


よってキャリア利用時に極端に無料通話時間を減らして利用料金を安くしていた人もいるでしょう。

スマートフォンの利用は圧倒的に通信をすることが多い人は、このようなSIMを選ぶと良いです。


容量にも着目をしてください。

ギガで管理をされていますので、自分にあったSIMを選ぶことが大切です。


多くを求め過ぎず、足りないようなことが起きないようにしっかり選びましょう。



そんなときに頼れるのが、キャリアの明細になります。
容量について記載があるはずですので、それを参考にすることで自分にあったSIMカードを求めることができるでしょう。

通話のSIMもあります。
データ通信はもちろん利用するけれど、電話番号を使って利用しなければいけない人もいるはずです。そんなときは通話専用のSIMを用意しましょう。



基本格安のSIMを提供しているMVNOというのは、通話料金はキャリアのときより高めになってしまうことが多いです。

間違えて契約をするようなことになれば、キャリアのときよりも通話料金が高くなってしまうこともありますので、注意してください。通話専用のSIMカードには、掛け放題プランもありますので、いままで使っていたキャリアの明細などを確認してから選ぶと良いでしょう。

もちろん通信と通話双方ができるSIMもありますので、両方必要であればそれを求めてください。ただしSIMを変えるというのは、セカンドフォン以外の選択肢でなければキャリアとの契約を終わらせる必要が出てきます。
電話番号が変わると困る人もいますので、通話専用は必ず必要になるでしょう。
またキャリアで使っていたメールは利用することができません。
キャリアの契約を破棄していることになりますので、ドメインを使うことができないことからそれは当然です。

メールアドレスが変わることで日常生活に支障をきたす可能性がある場合は、慎重にコースを選ぶようにしましょう。

安さだけで求めるものではなく、計画のうえで求めるようにしてください。

Copyright (C) 2017 コースでSIMを選ぶようにしよう All Rights Reserved.