多彩なプランからえらべるSIMカード

バナー

多彩なプランからえらべるSIMカード

格安スマホというのはテレビコマーシャルでも最近かなり流れていますし、とても注目されています。

携帯料金はキャリアで持つとかけ放題などのプランにすれば機種代も入れれば1万円近くかかってくることもあります。一人一台持つ時代ともいわれていますし、家族全員で持つことになると学割や家族割りが適用となってもかなり高くなります。

節約を考えたいなら格安SIMを利用するというのも手段としてあります。
ここで出てくるSIMという言葉ですが、なんとなくわかっているようで詳細が良くわからない方もいると思います。

まず、SIMカードについてですが電話番号を特定するための固有のID番号が記録された、携帯やスマートフォンが通信するために必要なICカードのことです。
つまりSIMカードを携帯やスマホの端末に入れれば、自分の契約プランで使用が出来るということになります。

カードの形状は標準、ミクロ、ナノタイプと3つあり、最近の機種に関してはほとんどがナノタイプです。

だんだん小さくなってきていますが、機種によっては標準、ミクロタイプのものもありますので購入する場合には確認をしておきましょう。


SIMカードを利用する時の注意点として、まずロックがかけられている端末に関してはSIMロック解除をしてから出ないと使うことが出来ません。

キャリアで出ているスマホや携帯電話の多くはロックがかけられています。

ですから格安SIMなどを利用する時でもロック解除をしてもらう作業が必要です。
ロック解除をすればキャリアの縛りもなくなりますし、もちろんほかのプロバイダの格安プランなども選んで使えるようになります。
ロックを解除した際にはキャリアでの保証も外れることになりますのでその点も分かったうえで行いましょう。

費用としては3000円程度でできます。
2015年4月まではその作業をしてもらえないこともありましたが、同年5月に総務省よりキャリア会社に向けてロック解除の義務化の通達が出された背景もあり、今はどこでもロック解除をしてもらえるようになりました。


しかし、ロック解除をせずに使える場合もあります。



それがSIMフリー端末の場合です。

これはロックがかけられていないのでそのままカードを入れて使うことが出来るタイプです。



ちなみにwifiモデルなどの端末はカードを挿入しても使えないこともあります。



格安SIMにも、データ専用、通話もできるタイプなどもありますし、月額使用料も各プロバイダによって異なります。

とにかく安さを第一に選びたいということでしたら料金の比較をして選んでいくと良いでしょう。

シミュレーションサイトなどを利用すればとても効率良く探すことが出来ます。

しかし安ければよいというわけではなく、時間帯によって速度が低下してしまったり、電波状況はキャリアの方が良いという声もありますので、その点も考慮して選んでいきましょう。
二台持ちする方の利用はとても多いです。


Copyright (C) 2017 多彩なプランからえらべるSIMカード All Rights Reserved.