ゲレンデに向かう上でバスツアーに申し込む方は少なくありません。それでも長時間のバスの中の雰囲気はどんなものなのでしょうか。スキーバスの中での快適な過ごし方はあるのでしょうか。スキーバスの中でストレスなく過ごすための3つの方法について考えましょう。

一番目にバスの中で仮眠を取りやすい状況を作ることです。バスの中はツアーを利用する自分以外の人たちが大勢います。中にはいびきがうるさい人がいるかもしれません。またエンジンの近くに座る場合やタイヤの近くの席の場合は音がきになるでしょう。

それで耳栓やノイズキャンセラー付イヤホンも持っていくことをお勧めします。そうするなら外の音を気にすることなく休むことができるでしょう。二番目にどんな服装でバスの中を過ごすかという点です。バスの中は一定の温度が保たれるように設定されていますが、寒い地域に向かう訳ですから、特に窓側に座る場合は冷気を感じます。

暖かい服装をしていきましょう。それでも長時間スキーバスに乗っていると体が全体的にむくんできます。ですから少しゆとりのある服を着ていくことをお勧めします。あまりにもタイトな服を着ていくと圧迫されているように感じ、ストレスに感じるでしょう。

三番目に腰枕や首枕を持っていくことです。やはり長時間のバス移動で腰や首が痛くなることがあります。空気で膨らませることができるものを用意しておくなら荷物もかさばらず便利でしょう。以上の三点に気をつけてスキーバスの中での快適な時間をお過ごしください。

スキーツアーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です