Skip to content

水を扱う現場で重要性が高いスケール除去

スケール除去とは、給排水管を始めとして、水が流れる場所で発生するスケールを取り除くことを指します。ミネラル分を中心としたスケールは、蓄積すると給排水管を詰まらせてしまい、影響が波及して様々な問題へと結び付きます。下水の詰まりは臭いの発生に繋がり、更に深刻な衛生問題に発展する可能性があります。給湯器の中では点火不良、ボイラーにおいては効率の低下が発生するので、定期的なスケール除去が必要です。

飲食店では、給水管にスケールが発生していると、水や料理に混入する結果に至ります。主な成分はミネラル分なので、深刻な健康問題が発生する恐れはありませんが、水に白い物が浮かぶ点は無視出来ないポイントです。口にする物はやはり、清潔さがイメージと深く関係しているので、健康に問題がなくても望まぬ評判を集める事態は避けたいものです。何より、スケール除去の後回しは給排水管の腐食を見逃してしまいますし、後回しを繰り返す程復旧コストが増大することになるでしょう。

しかも、給排水管に留まらず、ガス給湯器やボイラーなど、関連する設備にも影響が出始めます。スケール除去の重要性は無視出来ず、放置しても自然に解決することはありませんから、必要と考えて検討することが肝心です。定期的かつ早めのスケール除去は、給排水管を良好な状態に保ち、寿命を延ばしてコストを下げる効果を発揮します。後回しは一時しのぎに過ぎず、見逃した分のコストは後々増大するので、発見したら対処の優先順位を高めて対応することが重要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *