Skip to content

スケール除去が必要な理由

スケール除去は、装置が安定して機能を発揮できるために重要な作業です。スケールと呼ばれるカルシウムやマグネシウムの沈殿物は水の中にあります。冷却水などに水を使うことで沈殿し、蓄積します。特に流量の変わるフィルタや継ぎ目などに蓄積しやすく、冷却水の流れを妨げます。

冷却水の流量が半減すると冷却効果は低下し、徐々に水温が上がるおそれがあります。十分な冷却効果を得られない装置は、期待される機能十分に発揮することができなくなります。結果として故障や機能停止の原因となります。スケール除去を怠ると装置が使えなくなることになるかもしれません。

だからと言って頻繁に行なっているようでは運用効率が下がってしまいます。短時間で適切にスケール除去できることが重要です。スケールを物理的に除去することは多大な時間を要して、破損や変形などの二次的な問題を引き起こすおそれがあります。スケール除去で効率が良い方法はスケールを分解できる液体を利用することです。

カルシウムやマグネシウムの結合を分解する力があり、環境や人体にも影響が少ないものを装置を分解することなく冷却水と一緒に循環させることで除去して流してします。あとは分解して除去されたカルシウムやマグネシウムを回収するだけです。この方法であれば、スケール除去のために装置を止めなければいけない時間が短くなります。また直接装置内に触れる必要がないため変形や破損のリスクはありません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *