Skip to content

アルカリ洗浄液の特徴

一般的に言われる汚れ物の多くがタンパク質や油脂分です。粘性のある成分で付着すると簡単に落とすことができません。とくに油汚れは拭き取っても完全に取り除くとは難しく、油膜のような薄い膜状に残留することもあります。アルコールなど揮発性が高いものや石油系の溶剤などでも取り除くことができます。

ただし、環境への配慮を考えると使用できるものが限られてしまいます。そんなときに安心して利用できるのがアルカリ洗浄液です。水由来の洗浄液で、pH値が8.6から14になっています。アルカリ洗浄液は油脂分と結合して石けんのような成分に変化させることで取れやすくします。

また、一度取れたものが再度付着しないようにする効果もあります。タンパク質に対してもアルカリ洗浄液が主成分であるアミノ酸の結合を分解するので、取り除きやすくなります。このように脱脂する力が強いため油汚れの洗浄に適しています。pH値の大きさによって弱アルカリと強アルカリに分かれます。

強アルカリの方が脱脂効果は期待できますが、人の皮膚に触れるとタンパク質を分解するため危険です。また、金属を腐食しやすいデメリットがあります。そのため、取り扱いには十分な注意が必要です。ただし、水なので環境に対しては影響が小さいので安心して使うことができます。

価格もあまり高くないため、コスト面でもメリットがあります。だからこそ、大きなものの洗浄にも安心して使うことができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *