Skip to content

アルカリ洗浄液のすすめ

アルカリ洗浄液とは、汚れの中の油分と反応して落とす仕組みをとる洗浄液のことを指し、水や油と交じり合うことで汚れを落とす石鹸や合成洗剤とは少し異なったはたらきをします。アルカリ洗浄液の第一の特長としては油汚れに特に強い、ということが挙げられます。アルカリは、油の成分である油脂と反応することによって、油脂を洗浄の役割を果たすものに変化させることができます。そのため、酸性の洗剤や石鹸などと比べ、より速く効果的に汚れを落とすことができます。

それに加え、アルカリはアミノ酸の結合を緩めたり、切ったりしてその構造を変化させる作用も持っています。そのため、アミノ酸から構成されるタンパク質によって生じた汚れにも強く、例えば垢や血液なども油と同様、綺麗に落とすことができます。また、アルカリ洗浄液には強弱があります。例としては苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)や炭酸ソーダ(重曹など)、過炭酸ナトリウムなどが挙げられ、それぞれ強アルカリ性や弱アルカリ性と呼ばれています。

この分類や各洗浄液の濃度やそれにより、落とせる汚れや性質が変化するため使用する際は注意が必要です。特に苛性ソーダやそれに似た性質を持つ苛性カリ(水酸化カリウム)はとても強いアルカリ洗浄液であるため、取り扱う特別な取り締まりが行われる場合もあります。自分の目的とする汚れや用途に合ったアルカリ洗浄液を選択し、より効率よく綺麗に汚れを落としてみてください。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *