Skip to content

廃棄物処理における熱回収とは

一昔前では、家庭用ゴミや産業廃棄物の処理と言えば、焼却処分が基本でした。しかし、近年ではリサイクルの考えが広がり、分別と再利用が主流となっています。ただ、実際には分別して資源として再利用できるゴミはほんの一部。スチールやアルミ製のカン、あるいは、ガラス製のビンなどは分別回収が容易ですが、プラスチックなどは分別回収はあまり進んでいません。

プラスチックの分別が難しい理由としては、プラスチック自体がそもそもいろいろな材料の総称であること、プラスチックと一言にいっても、実際には、ポリプロピレン、ポリスチレンなど、さまざまな材料が存在するのですが、それらを個別に分けて分別するのは、一般の人にはかなり難しいです。一方で、プラスチックは石油から生成される物質であり、石油と同様に高い発熱量を持つという性質があります。つまり、燃やすとかなり大きな熱を発生するということです。このようなプラスチックを、分別が難しいからといって燃やしてしまって終わりにするのは、エネルギー的にかなりもったいない話。

そこで、プラスチックの処理の祭に、その発熱量をできる限り回収しようという、熱回収の考えが広がりつつあります。熱回収というと、燃やしたときに発生した廃熱を利用して発電するなど、廃熱利用が真っ先に思い浮かびます。これも1つの熱回収ではあるのですが、実際にはこれだけではありません。プラスチックに特殊な処理を施して油化、ガス化したり、固形燃料に作り替えてしまうことも、広い意味で熱回収と呼ばれます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *