Skip to content

廃棄物処理における熱回収

家庭用ゴミであれ、産業用廃棄物であれ、昔では、ゴミの処理方法は焼却処分が基本で、燃やすことができなかったゴミについては地中に埋設されるのが普通でした。しかし、現代では、資源の再利用や省エネルギーの観点から、ゴミの処理にあたっては、できる限りリサイクルを行い、どうしてもリサイクルできないものについては、焼却処分するという方法が主流になっています。カンなどの金属製のゴミや、ビンなどのガラス製のゴミについては、分別が容易であることから、一般には資源としてリサイクルして再利用されるのが一般的です。ただし、プラスチックについてはそう簡単ではありません。

というのも、プラスチックとは、PP、PS、PETなどさまざまな高分子合成樹脂材料の総称であり、それらの原材料ごとに分別するのは、少なくとも家庭用ゴミにおいてはかなり難しいです。一方で、プラスチックは、石油製品の一種であり、石油と同様にかなり高い発熱量を有する物質です。つまり、燃やしたときにかなり大きな熱量を発生します。このような物質をそのまま普通に焼却するのは、熱エネルギー的にかなりもったいないと言わざるを得ません。

そこで、このプラスチックの処理において、その発熱量を回収しようというのが熱回収です。一般に熱回収というと、焼却時に発生した高い熱エネルギーを用いて、発電を行ったり蒸気を発生させたりといった、廃熱利用を指す場合が多いのですが、広義の熱回収は廃熱利用には限られません。プラスチックに特殊な処理を行って、油化やガス化したり、あるいは、固形燃料化することも、その発熱量を回収して他の用途に使用するという観点から、熱回収に含まれます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *