Skip to content

排熱利用を行うためには

排熱利用を行うためには熱を発生させる装置があり、それらから余分な熱があることが大前提です。余分な熱がないにも関わらず再利用をしようとするとかえって熱効率が低下する可能性があります。また夏場は外気温が高いので排熱の量が増えますが、冬場になると外気温が低下するため排熱利用の効率は低下する可能性があります。排熱利用の種類としては熱そのもの再利用するものと熱を電気に変える素子を使って行うものの2種類があります。

熱そのものを再利用するものとしては、例えばボイラーなどで排熱によって燃料や水を予熱する方法です。また排熱による熱と外気や水などの温度差を利用して発電を行うといった方法もあります。これらは機械設備を大幅に変える必要があり初期投資に必要な金額も大きくなるのがデメリットといえますが、長期的な目でみれば燃料費の節約に繋げることができます。一方で熱を電気に変える素子を用いた場合の排熱利用は静的に作動するメリットがあり、設置も大規模な機械を導入する必要がないので容易に行えます。

仕組みとしては太陽光発電と同じで、光から熱に変わったことです。ただ熱だけで発電できるわけではなく温度差を利用するため、お温度差が必要になるため冷却装置が必要になってきます。静的に作動するので故障が少なく、また機械に組み込むタイプの排熱利用と比べると故障したさいの影響も軽微で済みます。このタイプでは電気代の節約に繋げることができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *