Skip to content

廃棄物処理における排熱利用

排熱利用とは、燃料などを燃焼させたときに発生する高温の熱を、そのまま大気に放散してしまうのではなく、エネルギーとして回収して他の用途に使用することです。本来捨てていた熱エネルギーの一部を回収することができることから、省エネルギー効果が期待できます。この排熱利用は従来からさまざまな分野で採用されていましたが、近年では、廃棄物処理の分野においても排熱利用のシステムが用いられるようになってきています。廃棄物処理においては、焼却処分が1つの柱となります。

最近では、かなり分別が進められて、以前よりも燃やすゴミの量は減ってはきているものの、それでも、分別できないゴミなどを焼却することは今でもよく行われています。さまざまな種類があるゴミの中で、特に問題になるのがプラスチックです。プラスチックは石油から生成された物質であり、石油と同様、プラスチックも高い発熱量を有します。つまり、焼却したときにかなり高い熱量を放出するということです。

このプラスチックを燃やしたときに発生する熱をエネルギーとして回収するシステムが、最近、多くの廃棄物処理で採用されています。例えば、プラスチックを焼却したときの熱で蒸気を発生させ、この蒸気で蒸気タービンを回して、発電する設備が挙げられます。また、焼却時に発生した熱で水を温めて温水を作り、この温水を、処理場に隣接する建物などで、給湯器や温水暖房システムで利用するという設備もあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *