Skip to content

注目される熱回収のエネルギー

ゴミや廃棄物の処理の問題は、地球環境の汚染や温暖化の問題として関心を集めています。そこで考えられたのが、熱回収エネルギーの有効活用です。ゴミや廃棄物を処理する際には、大きな熱が発生します。この発生した熱エネルギーを有効に利用しようという動きが見られるのです。

「サーマルリサイクル」とも呼ばれており、完全に分別することが難しいプラスチックのゴミの廃棄に有効で、温室効果ガスの発生を抑え埋め立てゴミを少なくするというメリットがあります。プラスチックの廃棄問題は深刻です。廃棄された土地からは、二酸化炭素の21倍の温室効果があると言われているメタンガスが発生することがわかっています。熱回収エネルギーにおいて、プラスチックのエネルギーは非常に高く石油や石炭と同等のエネルギーを排出します。

化石燃料を使わず大きなエネルギーを手にすることが可能です。熱回収エネルギーは、すでにゴミ処理場のエネルギーや冷暖房のシステムとして利用されていることがあります。将来はより身近なエネルギーとして利用される可能性もあるのです。たとえばF1マシンのモーターレースで走るマシンは、パワーユニットにエンジンの排気ガスの熱エネルギーを熱回収システムで電気エネルギーに交換するシステムが組み込まれています。

身近なボイラーや冷凍機などにも熱回収のエネルギーが使用されており、より効率が高くなればもっと身近な場所での活躍が期待されることでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *