Skip to content

熱回収を行って環境を守っていこう

世界中で深刻な地球温暖化が危惧されているなかで、使用する製品や排出されるエネルギーを積極的にリサイクルしようといった動きが活発化してきています。サーマルリサイクル(熱回収)という言葉を聞いたことがあると思いますが、世界で異常気象や自然災害が多発している原因には、環境汚染が深く関わっているという研究結果がでてきているため、少しでも無駄な資源などを排出しないようにしようと多くの国が神経を尖らせているのです。熱回収とは、廃棄物などをすぐに焼却処理してしまうのではなく、焼却時に発生する熱エネルギーを有効的に活用しようと、安全に回収して再利用しようとすることを指しています。日本では熱回収よりもエネルギー回収と呼ばれることのほうが多いですが、今では多くの企業がこの熱回収を積極的に行うようになりました。

コンビニなどでいつでもどこでも簡単に購入できるペットボトル飲料ですが、このペットボトルはブラスチック製でできているため、焼却する際には石炭や石油と同等の発熱量を放出させます。エネルギー量が高いとそれだけで環境に大きな負担をあたえる恐れがあるため、熱回収を行って発がん性のあるダイオキシンを排出させないようにすることが大切です。普段から賢くリサイクル活動を行っていきたいなら、ゴミの分別をしっかりと守るようにしてなるべく不用品を出さないように心掛け、食事に出かけた際には食べ残しなどがないように考えながら注文するようにしましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *