Skip to content

これからの新しいエネルギーの形熱回収

2011年を契機にこれまでのエネルギーを転換し、環境に負荷をかけない新しいエネルギーが求められています。従来のエネルギーは天然ガスや原子力が中心でしたが、これらのエネルギーは安定供給が出来る反面として二酸化炭素排出量が多いもしくは破損したときのデメリットも多く環境への負荷が大きいです。そこで環境に負荷をかけないエネルギーが求められているのですが、現在用いられているエネルギーの一つが熱回収です。熱回収の正式名称はサーマルリサイクルと呼ばれ、焼却や空気に含まれている熱を利用することを意味します。

熱回収はすでに環境先進国の北欧で取り入れられており、北欧は北極の近いので冬の時期は氷点下以下にまで温度が下がるのです。そのため普通の暖房器具を使ってしまうと、部屋を暖めるのに時間がかかってしまい光熱費が上がってしまいます。そこで政府が直接住宅に対して、熱回収設備を導入する形をとっているのです。その方法というのは街のいたるところにあるごみ焼却場と各自宅を配管でつなぎ、ごみを1000度以上の高温で燃やしたときに発生した熱エネルギーを配管を通して自宅に送ります。

利用された熱エネルギーは副産物として得られたものなので支払う金額も低予算であり、自宅の一戸あたりで利用しているわけではないので二酸化炭素排出量もほぼないので環境にやさしいです。現在では日本の家電製品を作る企業も取り入れており、空気中の熱を圧縮し回収することで冷暖房やボイラー機能など省エネながらこれまでの生活が送れるように技術を開発しています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *