Skip to content

熱回収で利用されるエネルギー

ゴミの廃棄問題や、二酸化炭素の排出問題は地球温暖化と深く関係があります。各国が排出規制などを行うことで温暖化を抑制していますが、そんな中廃棄物処理の際に発生する熱エネルギーを上手に活用しようというアイデアが出てきました。それが熱回収です。別名「サーマルリサイクル」とも呼ばれており、現在注目されています。

すでに熱回収のエネルギーを活用している場所もあり、日本ではごみ処理場などで導入されているケースが見られます。他にも冷暖房の電気エネルギーとして活用されたり、工業のボイラーや冷却のエネルギーとして熱回収のエネルギーが利用されているのです。クリーンで地球環境に優しいエネルギーですから、今後は我々のより身近な場所に導入される可能性もあるでしょう。熱回収については、「ゴミの埋め立てのほうがエコなのでは」という提言もあります。

ですが、たとえばプラスチックをゴミ焼却場で燃やした際に得られるエネルギーは化石燃料や石炭と変わりがないほど大きいもの。プラスチック製品を埋め立てゴミとして廃棄すれば、やがてそれはメタンガスとなり地球温暖化に拍車をかけることになるでしょう。そのため、焼却し熱回収エネルギーとして活用することで、石油などを燃やす際に出る二酸化炭素と相殺されるという意見も見られます。さらにダイオキシンの発生について、800度の高熱で焼却することで抑制できることがわかっています。

エネルギーを活用することで、クリーンな環境を保つことが出来るのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *