Skip to content

熱回収を導入して経費を削減する

熱回収は発生する熱を回収して、再利用または有効活用することを指しますがその種類は様々です。一般的に行われているものは廃棄物を焼却する際に発生する熱を回収して、電気やお湯・蒸気などを得るというものがあります。このような場合には既存の施設に加えるというよりも最初から熱回収を考えた施設として作られたものがほとんどで、また得ようとする熱はそれなりに大きなものですから、簡単には導入することはできません。電気を得る方法としても発生する熱によって水蒸気を作り出しそれによってタービンを回して発電するというものですから、安定した火力が必要でこのため専門の施設では分別されたゴミを使う必要があります。

一方で熱回収と言っても熱を利用するような場面において導入することが可能で、昔から行われているものとしては直接発生する熱を利用するのではなく排気ダクトから発生する熱を利用し水を温めたり、乾燥を行うといったことなどがあるものです。これらの場合には熱を利用することになり、使い勝手が悪いものですが近年は熱エネルギーを直接電気エネルギーに交換する半導体を用いて電気を発電するという方法もあります。この場合には得られる電気量はそれほど多くありませんが、照明に必要な電気を確保したりまたバッテリーに充電することによって、使い勝手の良い電気に変換するという方法もあり、何よりも既存の設備にも設置しやすいというメリットがあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *