Skip to content

熱回収の必要性と仕組み

熱回収は様々なものを製造する工場などではよく行われているものですが、多くの人はあまり耳慣れない言葉でもあります。実際には製品を製造する機器の温度上昇を防ぐために冷却水等によりこれを冷却する仕組みを整えていることが多く、基本的には機器の熱を冷却水が奪うことによって冷やすと言う仕組みとなっていますが、この熱を持った冷却水を熱交換器で冷やすことで冷却水を再利用できる形となっているのが一般的です。この熱交換で冷却水を冷やす仕組みを熱回収と呼んでいます。熱回収を効率的に行うためには様々な要素を十分に計算し、効率的に行うことができるものを選ばなければなりません。

一般的な熱交換器の場合には間接的に冷却水とその熱回収を行うための媒体が間接的に接触することにより、熱伝達を行うことで実現する仕組みとなっていますが、その接触している時間の長さが長いほどより多くの熱を奪うことができることになります。しかしその一方で、冷却水自体の循環が遅くなると本来の冷却作業をスムーズに行うことができないため、その兼ね合いを十分に考慮することが必要と待っています。熱回収を効果的に行うためには、そのバランスを十分に考慮しながら媒体の流量などを設計しなければなりません。そのため単純に熱交換器を設置すれば良いと言うものではなく、状況に応じた様々な仕組みを整えることが必要となります。

効果的に冷却を行いながら、その作業効率を高めることも十分に考慮することが必要です。熱回収のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *