Skip to content

熱交換器 メンテナンスについて

熱交換器は、暖かい流体から冷たい流体へ熱を移動させるための機器です。

水や周りの空気を使用して熱交換をさせます。チラーの周辺を始め、空調や冷蔵庫などさまざまなところに利用されていて、熱交換をしたい対象や冷却の媒体や構造などで多くの種類があるのも特徴です。熱交換器は定期的にメンテナンスをすることでより効果的に扱えます。そのため熱交換器メンテナンスは大切だと言えるでしょう。熱交換器メンテナンスは機器にもよりますが、セルフメンテナンスをすることが出来る機器もあります。メンテナンスの前には、機器内の圧力が下がっていることを確認する、機器内の流体を十分に排出する、機器周辺に養生を行うなど注意が必要です。

その後、手順に従って締め付けボトルの異物を除去し潤滑油を塗布したり、電熱プレートの洗浄などを行います。使用している熱交換器によって注意点や手順は異なるため、作業前に十分に確認するようにしましょう。熱交換器メンテナンスはセルフで行うことも可能ですが専門性も多少必要となるため、心配な場合はメーカーや業者に依頼するのも一つの手段です。メンテナンス方法を誤ると流体の漏れや能力不足の原因となってしまうので、メーカーや業者のメンテナンスを利用すると安心だと言えます。熱交換器はさまざまな分野で利用されている機器です。メンテナンスを定期的に行うことで、より効果的に扱えます。メンテナンスはセルフでも行えますが、専門性があるためメーカーや業者に依頼するのも安心出来るでしょう。状況によって検討してみると良いと言えます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *