Skip to content

熱交換器 メンテナンス

プレート式熱交換器メンテナンスはとても単純な構造をしているので、自分で行うセルフメンテナンスにも適しています。

ですが、単純な構造といっても熱交換器メンテナンスの方法を間違えて仕舞うと、流体の漏れや熱交換の能力が低下するなどの問題が発生します。熱交換器メンテナンスの正しい手順がありますので、これに従って実施してください。メンテナンスの前の準備として、つぎの事項を確認する必要があります。最初に熱交換器内の圧力が下がっていることを確かめて、機器内の流体は十分に排出することが重要です。そして機器周辺の養生を行ったら、熱交換器メンテナンスに使用する部品が揃っているか確認しましょう。

具体的には締め付けボルトやナットですが、熱交換機の型式や枚数などによって寸法がことなることも忘れないようにします。プレートとコネクション用ラバーブーツ、また接着剤や両面テープも必要です。もしもトラブルが熱交換機内で発生している場合には、その様子を写真や動画などで記録しておきましょう。そして納入時に添付されていた取り扱い説明書を再読した上で、作業を開始します。注意するべきは怪我で、伝熱プレートの端部はとても鋭利になっているため、保護具として耐切創用手袋をはめて安全にくれぐれも気をつけてください。メンテナンスの手順としては固定しているボルトを弛めて機器を開放し、伝熱プレートとプレートガスケットを取り外します。取り外す時はEプレートから順番で、下部のガイドバーと干渉していないことを確かめておきます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *