Skip to content

熱交換器 メンテナンスで効率維持

熱交換器メンテナンスを定期的に実施すると効率を維持することが可能です。

冷却などに使っている場合、他への影響が高く、そのままでは工程全体の効率の低下につながります。だから何か変化があってから実施するのではなく、予防措置として実施した方が良いでしょう。熱交換器メンテナンスはいろいろな方法がありますが、定期的に実施することで休止期間を短くすることができます。分解清掃を行うとなれば、数日間作業を止めなければいけなくなります。それでは生産性の観点から無駄な時間が長くなってしまいます。その間は工場自体が全く使えないと言う恐れもあります。

熱交換器メンテナンスが必要な理由の一つにスケール除去があります。スケールは流体の中に含まれる物質が配管内に蓄積して、流量を低下させる原因になります。少ないうちは除去剤を使うことで、運用しながら実施することが可能ですが、多く溜まってしまうと、それでは除去できなくなります。広範囲に溜まったスケールは除去するときに配管の内部を傷つける恐れもあります。短期間で繰り返し熱交換器メンテナンスを実施すれば、スケールの蓄積を予防できて、効率を100%に近い状態で維持するf十ができます。熱交換器の効率が高ければ、それを利用している工程の効率も高くなるので全体のパフォーマンスを下げることがなくなります。病気と同じで症状が出てから対応すると大変ですが、予防できれば、より少ない対応で済みます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *