Skip to content

熱交換器 メンテナンスの留意点

熱交換器メンテナンスは定期的に必ず行ってください。

また、熱交換器メンテナンスにはその形態を把握する事も重要です。熱交換器は、温度の高い流体(温水等)から低い流体(空気等)へ熱エネルギーを移動させる機械です。熱エネルギーの高い方から低い方へ移動する性質を上手く使っています。役割も多様で流体の加熱、冷却、濃縮、蒸発、凝縮、熱回収など様々な事象に対応できます。熱の伝導性の高い物質の隔壁を介して2種類の流体がそれぞれの温度を伝えあう方式が一般的です。金属パイプ内部に流体を流しその外部に別の流体を流し込む簡易な仕組みではありますが、機械の形の特徴としては、大きくプレート型とチューブ型二種類に分けられます。それぞれ特性があるので適材適所に配置されます。

大きさに関しては、家庭のエアコンのサイズから工業用の巨大サイズまで様々ですが、取り外しの出来るユニット方式が多い機械ですので、メンテナンスにおける注意点は類似しています。熱交換器メンテナンスは、基本的には隔壁の腐食のチェックと清掃になります。機器の内部は圧力が強く掛かっていますので、十分な圧抜きをして確認を行いましょう。また、内部の流体も薬品や不純物等の汚れが混入している事が多いため、出来るだけ内液排出をしてから作業に入ってください。工場内で廃液処理が出来る場合はそのまま作業しても構いませんが、出来るだけ内液が回収できる状態で作業を開始しましょう。プレート式の場合は鋭利な金属プレートが多層化して配置されていますので、手指の切断などの事故に注意を払ってください。軍手などの防具は必須です。各々プレートが外せるタイプならば腐食の確認をしながら洗浄可能かどうか判断してください。チューブ型の場合は筒状のカバーから取り外せる場合が多いので、同じように腐食やエッジ等に注意しながら分解し清掃を行いましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *