Skip to content

熱交換器 メンテナンスは稼働効率を良くする

熱交換器の特色は、温かい液体から冷たい流体へ熱を移動させる熱伝導の役割を果たすことです。

流体としては水や空気が使われます。ボイラーや蒸気を発生させたり、車ではラジエターといった用途で使われています。プレートを使用することで両面を挟み込むような熱交換器が多く、熱交換器メンテナンスをするために分解しやすくなっているのです。油漏れなどを確認してプレートの汚れをふきとったり、状態を点検することで違いが出てきます。ボイラーなどは、稼働を停止すると生産に大きな影響を及ぼすこともあるのです。現場のトラブル回避は常に頭においておく必要があります。

熱交換器メンテナンスをしないと、熱交換の効率が悪くなり、食品製造や化学薬品の保冷などに使用されている熱交換器では安全性に問題が生じることになります。スケールが発生すると、油性の汚れと違って取り除くのが困難になるのです。熱交換器を管理していくためには、製造メーカーは熱交換器メンテナンスを定期的にすることが重要です。エネルギー効率を良くするとともに、突然発生するトラブルを減少させることができます。熱管理を適正に保たねばならない環境下で、熱交換器が不良になると思わぬ事故につながることもあります。普段から熱交換器メンテナンスをしておけば、稼働状況を把握していますから対応もスムーズに実施することができるのです。寿命を延ばして長く使用するうえでも、定期点検の実施は欠かすことができません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *