Skip to content

アルファラバルってなに?

アルファラバルとはスウェーデンの開発メーカーのことです。

熱交換器、粒体位相機器、遠心分離機などの分野で非常に高い世界シェアを誇り、発電所や殆どすべての種類の工場、下水処理施設など様々な企業、施設での採用実績があるようです。また船舶の機関や鉱業分野等にも採用があるようで、機器メーカーという枠だけでにとどまらず工業分野ではリードする立場にあるのかもしれません。アルファラバルは100近い国に拠点がありサービスセンターやメンテナンス拠点のネットワークを構築しており、自社製品への部品の組み込みも安心して採用できる体制があるようです。

アルファラバルという会社は130年以上の歴史があり、当初から工業用途の部品を継続して開発・生産しているようです。最初の製品は牛乳からクリームを分離するための遠心分離機だったようで、同じ種類の製品はいまでも販売を継続する商品にラインアップされています。当然130年前と同じものを販売しているわけではなく、現在までも研究開発をつづけて大幅に性能がアップしたものが販売されているのではないでしょうか。

世界シェアがトップクラスという非常におおきな企業にも関わらず、全体の売上の数%もの金額を研究開発などに投資しているようです。日本にもサービス拠点や研究開発拠点が置かれており、国内の企業と協力関係をもって研究を行っているところもポイントです。もし、興味をお持ちになられたらより詳しい情報を調べてみてはいかがでしょうか。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *