Skip to content

アルファラバル製品のメンテナンス対応

アルファラバルはプレート式熱交換器の老舗でスウェーデンに本社がある企業ですが、日本で広く取り扱いがあって正規代理店も多く存在し、整備や保全まで行っているところがあります。

海外メーカーの中でもこれだけ広く知られるようになったのは、随分昔から日本でアルファラバルが製品の販売が行われてきたためです。はじめは大正時代に遠心クリーム分離機の導入がきっかけで、いろいろな会社にその存在が知られるようになり、その後も遠心分離機から船舶用造水器そして熱交換器まで販売していて人気があります。日本で導入されているのは飲料関連から海運や造船などの分野まで広がっているのも、アルファラバルの製品は性能のよさと安全性の高さ、ニーズに応えて改善していく姿勢などがあるからでしょう。

液体の加熱から、殺菌に冷却あるいは熱回収が可能なプレート式熱交換器は劣化や能力の低下を起こさないためにも、メンテナンスは欠かせません。段階を踏んで丁寧に行っていくことが大切ですが、中にはメンテナンスに人を取られてしまうと効率が悪くなってしまうという企業もあるでしょう。そんなときには正規代理店で実施しているリコンディショニングを依頼すれば設備の保全ができますし、機能的に進めていうことができるでしょう。正規代理店は当然、パイプや継ぎ手にパッキンなどの部品を在庫として持っていますから、洗浄などの作業中に劣化部分などを発見すればすぐに交換してもらえるから効率的です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *