Skip to content

アルファラバルの高品質な製品とサービス

アルファラバルは熱交換に加えて流体制御や分離のテクノロジーを持つスウェーデンの会社です。

世界的な一流企業で、日本にも1925年に同社の遠心クリーム分離機が導入されています。1960年代以降は熱交換器や遠心分離機の国内製造をスタートし海運や飲料、造船などの分野にも進出します。経済の成長期に日本を支えてきたアルファラバルは、1978年に日本法人を設立します。事業を徐々に拡大し、現在は顧客の多様なニーズに合わせて製品の供給を行っています。アルファラバルの主要製品のひとつがディスク型遠心分離機です。ディスク型遠心分離機は、様々な企業の事業運営に重要な役割を果たしています。食品の加工から医薬品まで専門知識と製品のポートフォリオを通じて顧客のニーズに対応します。

アルファラバルは1世紀以上にわたって分離性能や持続可能性、安全性を向上させる技術を提供しています。ほぼすべての分離用途における広範囲な経験を持ちます。世界中で経験を積んだ担当者による熟練したサービスとサポートが提供できます。高品質の予備部品が欲しい場合は世界中どこでも迅速に配送します。アルファラバルは顧客が悩んでいる遠心分離機の課題を解決する支援ができます。パートナーとなれば多彩で完全な分離機のサービスを受けられます。幅広い経験と応用知識を持っているので、あらゆるタスクに対するきめ細やかな対応ができます。パートナーは高品質で持続可能なサービスを享受できます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *