Skip to content

アルファラバルの概要

アルファラバルは世界50カ国以上に販売拠点を持つ、スウェーデンの熱交換器や流体移送機器、遠心分離機などを開発している会社です。

130年以上の歴史を持ち、グループ従業員は世界で約17、300名となっておます。日本法人は1978年2月24日に設立されましたが、アルファラバル社の製品である遠心クリーム分離機がはじめて日本に導入されたのは、1925年のことでした。1960年代以降になると、遠心分離機や熱交換器の国内製造も開始されるなど、日本国内においても長い歴史があります。アルファラバルのコアテクノロジーのベースとなっているのは、「熱交換」「分離」「流体制御」の3つです。熱交換というのは、温度の高い物体から低い物体へ効率的に熱を移動させることで、これにより物体の加熱や冷却を行うことができます。

分離は、ある試料を大きな遠心力を加えることによって、その試料を構成する成分を分離することを言います。そして流体制御とは、液体や気体の流れを制御することを言います。これらの技術は、様々な産業にとって欠かせない大変重要なものです。これらの専門技術分野において、アルファラバル社は世界のリーディングカンパニーとしての地位を築きあげてきました。世界的地位を維持するために、常に新しい製品を生み出すための研究開発に力を入れており、年間25~30種類もの新製品を開発しています。このことはライバル会社に対する競争力をより一層高めています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *