Skip to content

高度な独自技術を持つGC-S

GC-Sは大手電機メーカーの技術を集め、プラスチック全自動選別システムを構築しています。

このシステムによって、より高度な自然循環が実現します。生産されたプラスチックは、耐久性と強度を確保して冷蔵庫やエアコンなどの家電製品や建築材料などに使われています。冷蔵庫やエアコンには複合金属部品が使われていますが、GC-Sは効率の良いシステムにより純度の高い金属素材を生産できます。地球環境の保全は世界的に行われていますが、GC-Sはプラスチックや金属のリサイクルを通して天然資源の循環とCO2の削減を実現しています。

プラスチックリサイクル事業では、自動化された独自のプロセスによって回収された粉砕混合プラスチックから純度の高いPSやPPなどを回収しています。フレークなどの回収素材は、家電製品をはじめ様々な高付加価値製品に供給します。家電リサイクル由来の熱交換器や圧縮機は、素材ごとに効率的に分離します。専用の自動化されたラインで解体し回収されたアルミニウムや銅、鉄は高純度の金属に精製されます。

メーカーが独自に開発した技術と設備により、全自動ラインで高純度の素材を再生しています。ヨーロッパのRoHS指令で規制されている難燃プラスチックは家電製品には使えないため、X線で検査をして全てのフレーク片から有害物質を除去しています。家電リサイクル由来のプラスチックからは、高純度のプラスチックフレークが生産されます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *